けが人を救出する

交通事故を起こしてしまった場合、まず絶対にやらなければならないこととしてけが人の有無を確認することが挙げられます。もしけが人がいれば救助し、安全な所まで移動することが大事です。特に幹線道路のような交通量のもともと多いところで事故を起こし、道路上にけが人がいる場合、他の自動車に轢かれる恐れもあります。ですから安全な場所まで移動すること、後続車両に事故の発生していることを伝える必要があります。

自動車同士の事故の場合、皆さんもけがをして動けないというケースもあるでしょう。その場合には、速やかに119番に連絡をして救急車に来てもらうようにお願いしましょう。けがをしても動けるのであれば、他のけが人を安全な場所まで誘導することです。この時自分も含め、交通事故によって誰がどのようなけがをしているか把握することも、後々大事です。

交通事故の場合、できればどのようなケースでも救急車を呼ぶようにしましょう。中には相手が「大丈夫だから」というケースもあるかもしれません。しかし例えば頭を強く打った場合その場では特に問題なくても、しばらくして症状が出てくる場合もあります。ですから念のため、救急車に乗ってもらって、検査を受けてもらった方が安心です。