保険会社に連絡

けが人の救出が終わって、警察にも通報してひと段落ついたところで自分の加入している自動車保険に連絡を入れましょう。今ではほとんどの保険会社で24時間・年中無休で事故受付を実施しているはずです。自動車に乗る時にはもしものことを考えて、保険会社の連絡先はメモしておくと良いでしょう。交通事故を起こしたら保険会社にすぐ連絡しなければならないと思っている人もいるようですが、ほとんどの場合事故担当の保険会社のスタッフが現場に直行することはないです。ですから警察への通報の後で十分です。

自動車保険に加入していれば、保険会社のスタッフが先方と示談交渉に入ります。通常示談交渉ですが、お互いに病院で診察を受けて、症状が安定したところで始められます。ですから事故を起こした当日でなくても良いのでは、と思う人もいるでしょう。でも前もって保険会社に伝えておかないと、示談交渉までに資料の準備が間に合わず、後手後手に回ってしまう恐れもあるのです。

ここまで全部行ったのであれば、皆さんも病院に行って診察を受けましょう。目立った外傷がなくても、むち打ちになっているとか、ひどくなると脳内出血を起こしていたというケースも出てきます。

警察への通報

けが人を安全な場所に移動できた、救急車で搬送できたのであれば、次は警察へ通報することです。ちなみにちょっとした接触事故のような場合、けが人もいないと大事にしたくないので警察に通報しないという人もいるかもしれません。しかしどのような軽微な事故であっても、警察に通報しましょう。けが人の迅速な救助とともに警察への連絡は、交通事故を起こした人の義務だと思いましょう。

警察への通報ですが、原則加害者が行うことになっています。しかし自動車同士の事故のような場合、どちらが加害者で被害者なのか判別のつかないケースもあるでしょう。その場合、事故の当事者の中で余裕のある人が警察に通報すれば良いでしょう。

警察に通報する一方で、事故現場の記録をすることが大事です。もちろん警察が来れば検証を行ってくれるのですが、時間が経過するとタイヤ痕などが消えてしまうこともあります。たとえばスマホなどを持っていれば、事故の起きた直後に現場の様子を写メで保存しておくと、事故状況をより正確に把握できます。その他には自動車のスピードや信号機がどうだったかなど、相手もいれば意見のすり合わせをしておくと良いでしょう。同時に相手の身元などを聞いておくと、その後の示談交渉もスムーズに行えるはずです。

けが人を救出する

交通事故を起こしてしまった場合、まず絶対にやらなければならないこととしてけが人の有無を確認することが挙げられます。もしけが人がいれば救助し、安全な所まで移動することが大事です。特に幹線道路のような交通量のもともと多いところで事故を起こし、道路上にけが人がいる場合、他の自動車に轢かれる恐れもあります。ですから安全な場所まで移動すること、後続車両に事故の発生していることを伝える必要があります。

自動車同士の事故の場合、皆さんもけがをして動けないというケースもあるでしょう。その場合には、速やかに119番に連絡をして救急車に来てもらうようにお願いしましょう。けがをしても動けるのであれば、他のけが人を安全な場所まで誘導することです。この時自分も含め、交通事故によって誰がどのようなけがをしているか把握することも、後々大事です。

交通事故の場合、できればどのようなケースでも救急車を呼ぶようにしましょう。中には相手が「大丈夫だから」というケースもあるかもしれません。しかし例えば頭を強く打った場合その場では特に問題なくても、しばらくして症状が出てくる場合もあります。ですから念のため、救急車に乗ってもらって、検査を受けてもらった方が安心です。

交通事故は珍しくない

自動車を運転している人の中で、「自分が交通事故を起こすかもしれない」と思いながらドライブしている方はそれほど多くはないでしょう。交通事故はどこでも起こりうると頭ではわかっているつもりでも、どこか対岸の火事で「自分には関係ない」と思っていませんか?しかし交通事故は日本全国で数多く起こっているので、いつ皆さんが巻き込まれるかもわからないのです。

交通事故イメージ画像
画像引用元 [交通事故被害者救済サイト – アディーレ

警察庁交通局がまとめた情報によると、平成26年1年間に発生した交通事故の件数は、日本全国で57万3842件に達します。
これは1日当たり1600件弱・1時間あたりでも65件前後の交通事故が日本のどこかで発生している計算になります。
これらの交通事故によって犠牲になった死傷者数ですが、71万5487人に達します。
また死者数だけでも4113人となりました。
ちなみにこの交通事故の件数ですが、一時期と比較すると大分減少しています。
平成16年が交通事故の近年ではピークだったのですが、その時には95万件を超える交通事故発見件数を数えました。

このように交通事故は、自動車のハンドルを握っている人であれば、誰にでも起こりうることなのです。ですからもし交通事故を起こしてしまった場合、どのように対応すべきか確認しておきましょう。交通事故は人生の中でそう何度も体験できるものではありません。ですから起こすとパニックになってしまう人も多いです。よって、普段から交通事故を起こしたらどうすれば良いか、交通事故の発生から示談成立までの一連の流れを理解しておくことは大変重要です。