警察への通報

けが人を安全な場所に移動できた、救急車で搬送できたのであれば、次は警察へ通報することです。ちなみにちょっとした接触事故のような場合、けが人もいないと大事にしたくないので警察に通報しないという人もいるかもしれません。しかしどのような軽微な事故であっても、警察に通報しましょう。けが人の迅速な救助とともに警察への連絡は、交通事故を起こした人の義務だと思いましょう。

警察への通報ですが、原則加害者が行うことになっています。しかし自動車同士の事故のような場合、どちらが加害者で被害者なのか判別のつかないケースもあるでしょう。その場合、事故の当事者の中で余裕のある人が警察に通報すれば良いでしょう。

警察に通報する一方で、事故現場の記録をすることが大事です。もちろん警察が来れば検証を行ってくれるのですが、時間が経過するとタイヤ痕などが消えてしまうこともあります。たとえばスマホなどを持っていれば、事故の起きた直後に現場の様子を写メで保存しておくと、事故状況をより正確に把握できます。その他には自動車のスピードや信号機がどうだったかなど、相手もいれば意見のすり合わせをしておくと良いでしょう。同時に相手の身元などを聞いておくと、その後の示談交渉もスムーズに行えるはずです。